北方領土はどんなところ

1.北方領土のしぜん

海流の影響により2月の平均気温は、マイナス6.5度で北海道内陸部より暖かく、雪も少ないです。一番暑い8月でも平均16度で、涼しいです。
択捉島や国後島は、千島火山帯(ちしまかざんたい)属し1,500mを超える山々があります。歯舞群島や色丹島は、緩やかな丘陵地(小山あるいは丘の続く地形)です。

散布山(ちりっぷさん)

爺爺岳(ちゃちゃだけ)

択捉島の山で標高1,582m 国後島の山で標高1,772m
北方四島の中で一番高い山

国後島 東沸(とうふつ)湖

色丹島 又古丹(またこたん)湾

2.北方領土で見られる自然

ヒグマ、キタキツネ、アザラシ、ラッコ、イルカなどの沢山の動物がいます。また、エトピリカ、シマフクロウ、オジロワシなどの珍しい鳥も多くみられます。
ヒグマ、キタキツネは、北海道本島でも多くみられます。

北方領土近海に生息するイルカ

3.北方領土の人口

択捉島、国後島、色丹島には、約16,555人のロシア人が住んでいます。
択捉島は6,387人、国後島は7,044人、色丹島は3,124人です。
歯舞群島には、一般の住民は住んでおらず、国境警備隊が駐留しているだけです。

4.北方領土の産業

北方四島の主な産業は、水産加工業です。
北方四島の周辺の海は、タラ、カレイ、カニなどが多く採れ、また、河川では、サケ・マスの産卵地となっています。
特に択捉島では、大きな水産加工会社があり、最新の設備を取り入れながら、水産加工を行っております。

択捉島の水産加工場

色丹島の水産加工場

5.島の人々の生活

近年は、ロシアの好調な経済状況による物価(物の価値)の上昇により、苦しんでいます。(島の人々の所得(給料)は個人差はありますが、月4万円~7万円位)このため島民の多くは、ダーチャ(農園付きの別荘)でジャガイモや赤ビートを栽培したり、温室でトマトやキュウリなどの野菜を作ったり、さまざまな副業により生活を営んでいると言われています。

ダーチャ(農園付きの別荘)

農園

6.北方領土の生活せつび

道路せつび

島内の移動の手段は車です。北方領土は道路の整備は遅れており、ごく一部をのぞいて、そのほとんどは、ほそうされておりません。そのため、晴れの日に車が通ると砂ほこりが発生します。

国後島の道路色丹島の道路

港湾・飛行場せつび

各島間や、サハリンへ移動する際は、定期船を利用します。また、国後島と択捉島には、空港があり、航空機でサハリンに移動する際に利用されています。
しかしながら、島の港湾せつびは整っておらず、難破(なんぱ)船が放置されたままの状態ですが、近年整備が進められております。また、国後島では、新しい空港が建設中です。

色丹島の放置された難破船

建設中の国後島の空港

電気せつび

島では、照明から炊事まで電気にたよっているため、電力不足による停電がよく起こっておりましたが、日本の人道えん助により、色丹島、国後島、択捉島に発電施設が建設され、最近では、火山の熱エネルギーを利用した地熱発電が導入され電力不足が改善されてきております。

日本の人道支援により建設された色丹島の発電所

北方四島の学校

島の教育制度は、小学校、中学校、高校を一貫した11年制です。大学が島にないため、卒業後は、サハリンや大陸の大学に進学する人も少なくありません。近年色丹島では、新しい校舎が完成しました。

建設された色丹島の学校

コメントは受け付けていません。