北方領土ってどこにあるの? 「位置と面積」

「今日は北方領土の勉強をしよう。」わずか3.7キロのところにある島

「北方領土」とは、北海道の根室半島につらなる歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の四つの島々のことです。
これらの島について、とても遠い北の小島だと思っているかもしれませんが、もっとも近い歯舞群島の貝殻島までは、北海道本島からわずか3.7キロしか離れておらず、望遠鏡で灯台をはっきり見ることができるほどです。また、国後島までは16キロで、本土と佐渡島の間の距離(31キロ)の約半分。そして色丹島まで73.3キロ、択捉島まで144.5キロという距離です。北方領土とはこんな近くにある島々なのです。

「北方領土ってどこにあるんだ?」「どこだろう?」「みんな静かにしましょうよ!」愛知県と同じくらいの広さ

次に面積を比べてみましょう。
北方領土の面積の総計は5,003平方キロで、沖縄県の約2.2倍、愛知県とほぼ同じくらいの広さです。また、四島のうち国後、択捉の両島は、いずれも沖縄本島より大きく、特に択捉島(3,166平方キロ)は鳥取県と同じくらいの広さです。
「北海道の地図を見てごらん。北方領土とはこれら四つの島をさすんだ。全部で愛知県と同じくらいの広さだね。」

コメントは受け付けていません。