北方領土ってどんな島なの?「自然」

「」自然に恵まれた豊かな島々

次に自然についてみてみましょう。

北方領土の島々には、たくさんの動物たちが住んでいます。キタキツネ、ゴマフアザラシ、オットセイ、トドなどのほか、国後島、択捉島は森林資源に恵まれていて、ヒグマも住んでいます。また、エトピリカ、エゾライチョウ、オジロワシなどのめずらしい鳥も多く見かけます。

北方領土の周辺の海は暖流と寒流が交わっていて、世界の三大漁場のひとつに数えられています。特にサケ、マス、タラ、タラバガニ、ハナサキガニ、コンブ、ホタテなどの宝庫です。

「」冬は北海道内陸部より暖かく、夏は涼しい

「」北方領土というと、厳しい寒さを想像するかもしれませんが、気候は海流の影響を受けるため、2月の平均気温がマイナス6度前後と、北海道の内陸部より暖かく、雪も少ないのです。
「」夏の気温もあまり高くありません。なぜなら夏には海霧(ガス)がかかって日照時間が少ないことや、オホーツク海から冷たい空気が入ってくるからで、いちばん暑い8月でも平均16度です。

コメントは受け付けていません。