松前藩の千島統治

1.松前藩の記録

正保御国絵図千島列島には、もともと、アイヌと呼ばれる人々が住んでいました。

江戸時代、北海道唯一の藩として隆盛を誇った松前藩の「新羅之記録」によれば、1615年(元和元年)から1621年(元和7年)頃、メナシ地方(北海道根室地方)のアイヌの人々が、100隻近い舟に鷲の羽やラッコの毛皮などを積み込み、松前へ来て交易を営んでいたと記録されています。

2.正保御国絵図

正保御国絵図

正保御国絵図

1644年(正保元年)、幕府は、諸藩から提出させた地図に基づいて、日本の全領土を収めた「正保御国絵図」を作りました。この時、松前藩が幕府に献上した自藩領地図には、「クナシリ」「エトロホ」「ウルフ」など39の島々が、その名を付して描かれています。

3.松前藩の幕府への上申書

また、1715年(正徳5年)、松前藩主は、幕府への上申書の中で「北海道本島、千島列島、カムチャツカ、樺太は松前藩領で自分が統治している。これらの地域には、アイヌ人がそれぞれ住み酋長がいるが総支配は松前藩が行っている。」と報告しています。

松前藩は、はじめは厚岸(あっけし)を中心にして交易を行い、キリタップや根室のノツカマップへと交易の場所を広げていきました。1754年(宝暦4年)には、国後島に「場所」を開き、択捉島、得撫(うるっぷ)島にまで及んで交易を行っていました。

 

コメントは受け付けていません。