1.北方四島交流事業とは

北方四島交流事業は、1991年(平成3年)にソ連側から日本国民と北方四島在住ロシア人との交流を行うことが提案され、翌1992年(平成4年)から旅券(パスポート)・査証(ビザ)なしによって行われている交流事業です。
北方四島に在住するロシア人との相互理解を促進するため、北方領土問題の解決を含む日露間の平和条約締結問題解決のための環境整備を事業の目的として、北方四島在住のロシア人と返還運動関係者や元島民及び専門家等との相互交流を実施しています。

2.訪問事業の実施

北方四島への訪問事業は、当協会及び北方四島交流北海道推進委員会(北海道札幌市)が実施主体として、それぞれの団体の特性や地域性を生かして実施をしています。当協会は主に「北海道を除く全国を対象に、より広い交流」を、北方四島交流北海道推進委員会は「北海道を対象に、より深い交流」を目指しています。

プログラム内容

事前研修会

事前研修会

船舶「えとぴりか」で出港

船舶「えとぴりか」で出港

島内視察

島内視察

日本人墓地の墓参り

日本人墓地の墓参り

日本文化の紹介

日本文化の紹介

ロシア人家庭を訪問

ロシア人家庭を訪問

1998年(平成10年)から学術や⽂化などの専⾨家が訪問の対象者として追加されたことに伴い、専門家の派遣として、「教育専門家(中学校社会科教諭)」と「日本語講師」の派遣事業を実施しています。

教育専門家派遣事業

教育専門家派遣事業

日本語講師派遣事業

日本語講師派遣事業

3.受入事業の実施

北方四島在住ロシア人を対象として、北海道や本州等の全国各地に受け入れる事業であり、外務省からの委託を受けて、当協会及び北方四島交流北海道推進委員会(北海道札幌市)が実施主体となり、それぞれの団体の特性や地域性を生かし、受入地住民との交流会や日本の文化体験などをプログラムに取り入れて実施をしています。

プログラム内容

日本文化の体験

日本文化の体験

日本文化の体験

日本文化の体験

スポーツ交流

スポーツ交流

住民交流会・意見交換会

住民交流会・意見交換会

4.事業の効果的な実施

北方四島交流事業は、開始以来20年以上経過し、これまで約12,000人の日本人が訪問事業へ参加し、約9,000人のロシア人が受入事業へ参加しました。
実施団体としては、今後も相互理解の促進と平和条約締結問題解決のための環境整備のため、様々な工夫を凝らし、より効果的な事業の実施を図っていきます。