船舶「えとぴりか」

船舶「えとぴりか」は、国の「四島交流等の実施及び後継船舶の確保に関する方針」に従って建造され、平成24年度から供用が開始された北方四島交流等事業に使用する船舶です。

えとぴりか
えとぴりか
≪船  名≫
えとぴりか(公募により決定)
≪総トン数≫
1,124トン
≪全  長≫
66.51m
≪旅客定員≫
84名
≪所 有 者≫
株式会社マリン・アドベンチャー
食堂兼集会室

食堂兼集会室

旅客室(8人部屋)

旅客室(8人部屋)

船名の由来

船名の「えとぴりか」は、全国の皆様からの公募(応募総数2,469件)によって決定されました。
エトピリカは、根室半島や北方四島の海域等に生息する海鳥で、オレンジ色のくちばしに、頭からたれ下がるクリーム色の飾り羽を持ち、真っ白な顔をした美しい鳥です。

選考の理由は

  • “ふるさと(北方四島)”と日本本土を自由に行き来するエトピリカの美しい姿は、ビザなし交流による相互訪問や元島民等の熱い思いあふれる自由訪問のイメージと重なり、北方四島交流等事業に使用する船舶の船名としてふさわしい
  • エトピリカの「ピリカ」はアイヌ語で「美しい」という意味で、船舶のイメージとしてもふさわしい

とされ、表記は、おだやかなイメージを与えるひらがなの表記とされました。

エトピリカ

エトピリカ