国際的な決まりはどうなっているの?「条約」

国際的な決まりはどうなっているの?「条約」

第2次世界大戦以前の三つの条約

それでは北方領土に関する国際的な取り決めを見てみましょう。
1855年(安政(あんせい)元年)、「日露通好条約(にちろつうこうじょうやく)」が結ばれました。この条約で両国の国境を択捉島とウルップ島の間に定め、ウルップ島より北につらなる千島列島はロシア領と定められました。択捉、国後、色丹、歯舞の四島は日本の領土であることが、この条約によってロシアとの間で法的に確定したのです。
1875年(明治8年)、日本はロシアと「樺太千島交換条約(からふとちしまこうかんじょうやく)」を結び、千島列島をロシアから譲り受けるかわりに、樺太全島を放棄しました。この条約には、譲り受ける千島列島としてシュムシュ島からウルップ島までの18の島の名前をあげています。このことは歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島が、千島列島に入らないことを物語っています。
1905年(明治38年)、日本とロシアは「ポーツマス条約」を結び、南樺太が日本領となりました。

戦後、平和的な解決へ向けての動き

第2次世界大戦後の1951年(昭和26年)「サン・フランシスコ平和条約」が結ばれ、日本は千島列島・南樺太を放棄しましたが、日本が放棄した千島列島とは、ウルップ島より北の島のことで、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の四島はその中に含まれていません。この条約の署名をソ連が拒否したために、日本はソ連との間で個別に平和条約を結ぼうとして、交渉を始めました。そして、1956年(昭和31年)、「日ソ共同宣言」が署名され、領土問題を含む平和条約の締結交渉が継続されることになり、まず国交の回復が図られました。
その後、ソ連との間で交渉が続けられてきましたが、長い間進展しませんでした。
ソ連が崩壊し新生ロシアになってからの1993年(平成5年)、エリツィン大統領が来日し、「東京宣言」が署名され領土問題は、「法と正義」によって解決されることになり、粘り強い交渉が続けられています。