日露通好条約(にちろつうこうじょうやく)

日露通好条約(にちろつうこうじょうやく)

日露通好条約(にちろつうこうじょうやく)

1855年(安政(あんせい)元年)、「日露通好条約(にちろつうこうじょうやく)」が結ばれました。この条約で両国の国境を択捉島とウルップ島の間に定め、ウルップ島より北につらなる千島列島はロシア領と定められました。
択捉、国後、色丹、歯舞の四島は日本の領土であることが、この条約によってロシアとの間で法的に確定したのです。