樺太千島交換条約(からふとちしまこうかんじょうやく)

樺太千島交換条約(からふとちしまこうかんじょうやく)

樺太千島交換条約(からふとちしまこうかんじょうやく)

1875年(明治8年)、日本はロシアと「樺太千島交換条約(からふとちしまこうかんじょうやく)」を結び、千島列島をロシアから譲り受けるかわりに、樺太全島を放棄しました。
この条約には、譲り受ける千島列島としてシュムシュ島からウルップ島までの18の島の名前をあげています。このことは歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島が、千島列島には入らないことを物語っています。