北方領土の位置と面積

1.北方領土の位置

北方領土の位置

北方領土とは、日本の北東端に位置する歯舞群島(はぼまいぐんとう)、色丹島(しこたんとう)、国後島(くなしりとう)、択捉島(えとろふとう)のことです。

歯舞群島は、北海道根室半島の納沙布岬(のさっぷみさき)の沖合3.7kmから北東方に点在する小島嶼、すなわち貝殻島(かいがらじま)、水晶島(すいしょうとう)、秋勇留島(あきゆりとう)、勇留島(ゆりとう)、志発島(しぼつとう)、多楽島(たらくとう)等の島々から成っています。

色丹島は、歯舞群島の北東方22kmに位置しています。
歯舞群島と色丹島は、大昔、根室半島と地続きでしたが、土地の陥没などによって離れ島になったといわれています。

国後島は、根室半島と知床半島との中間、北海道本島の沖合16kmの地点から北東方に位置する全長122kmの島です。
択捉島は、国後島の北東方22.5kmに位置する全長204kmの島です。

北方領土の略図

2.北方領土各島のデータ(面積、距離)

島 名 面積(k㎡) 距離(km)
歯舞群島(貝殻島) 3.7
歯舞群島(水晶島) 12.1 7.0
歯舞群島(秋勇留島) 2.1 13.7
歯舞群島(勇留島) 9.9 16.6
歯舞群島(志発島) 58.3 25.5
歯舞群島(多楽島) 10.9 45.5
色丹島 248.9 73.3
国後島 1,489.3 16.0
択捉島 3,166.6 144.5
5,003.1

※平成26年国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」等よる。面積は周辺の小島を含めたもので、距離は根室半島の納沙布岬からのもの(国後島のみ野付半島からのもの)。