北方領土の自然

1.海流に影響される北方領土の気候

(1)海流に影響される北方領土の気候

北方領土の東側は太平洋に、西側はオホーツク海にそれぞれ面しています。この海域は海流があり、季節によって、気候に大きな影響を与えます。

(2)北方領土の気温

気温は、海洋気象の影響を受けて寒暑の差が緩慢で、冬でも寒さはそう厳しくありません。冬の平均気温は、零下5度か6度くらいで、根室地方とほぼ同じくらいです。しかし、夏の気温が月平均10度以上にのぼるのは6月から10月までで、8月でさえ平均16度くらいです。これは、海霧(ガス)のため日照時間が少なく、そのうえ海から冷たい風が吹いてくるからです。なお、択捉島紗那測候所の観測記録(昭和5~7年)によれば、年平均摂氏3度から5度で、月平均最低気温が零下5度以下の月は12月から3月までの4ヶ月、月平均最高気温が摂氏10度以上の月は6月から10月までの5ヶ月となっています。

(3)北方領土の海霧(ガス)

海霧(ガス)は、冬はほとんどなく、3月から9月にかけて発生し、6月から8月にかけてもっとも多くなります。

(4)北方領土の風雪について

年間を通じて風の日が多く、特に、冬の間は雪をつけた風が何日も続くことがあり、ひと月のうち、暴風の日が20日くらいもあります。しかし、雪の積もる量は平均0.5メートルぐらいで、あまり多くはありません。

降雪期は11月から5月上旬までで、流氷は2、3月に多くなります。オホーツク側は1月から3月に海岸が結氷しますが、太平洋側は結氷しません。雨量は、年1,200mm前後です。
歯舞群島と色丹島の気候は、国後島や択捉島とほとんど変わりありません。得撫島から北の島々は、国後島や択捉島に比べて、気候がやや厳しいくらいです。

2.北方領土の動植物について

北海道と千島列島の植物帯の境界・宮部ライン

動植物の分布状況を見ると、北方領土の島々は、北海道本島の動植物の分布と全く同じで、得撫(うるっぷ)島より北の千島列島のものとは違いがあります。

宮部金吾博士(1860~1951:北海道大学名誉教授)は、植物分布の状況を調べ、得撫島より北の島々と択捉島より南の島々に分布する植物の違いを認め、択捉海峡に線を引いてその違いを表しました。

この境界線は「宮部ライン」と呼称され、これ以南は東亜温帯地方として日本中北部植物帯の北限を成し、これ以北は亜寒帯地方としてカムチャツカ南西地方(アリューシャンを含む)に属することが、1930年代初期に学問的に立証されています。

例えば、森林相について、宮部ライン以南は喬(きょう)木林、特に針葉喬木林が発達して北海道類似性を有し、殊に国後島の林相が北海道に酷似しているのに対して、宮部ライン以北は灌木林形を成すなど、両者の間には顕著な相違があります。

北海道本島でおなじみの、エゾマツ、トドマツは択捉島にまで分布していますが、得撫島より北にはないこと、動物も北海道本島と国後島とは全く同じ状態にあり、一部は択捉島にも及んでいて、大体において北海道と同じです。

3.北方領土は動植物の宝庫

北方領土の近海は、世界の3大漁場のひとつに数えられる魚の宝庫です。サケ、マス、ニシン、カニ、エビ、貝など寒流系の魚介類が多く住んでいます。また、これらの魚介類をえさとするトドをはじめ、オットセイ、アザラシなどの海のけものもたくさんいます。

北方領土の島々には、北海道本島でも多く見られるキタキツネ、ヒグマ、クロテン、エゾライチョウ、クマゲラなどのけものや鳥が住んでいるほか、カムチャッカ半島で繁殖した渡り鳥の通り道にあたるため、オジロワシ、エトピリカ、ウトウなどの珍しい鳥も見ることができます。

北方の動物たち