1.北方少年交流事業

北方領土隣接地域の1市4町(根室市、別海町、中標津町、標津町、羅臼町)に在住する北方領土元居住者の3世、4世等(中学生)を夏休み期間中に東京に招き、内閣総理大臣等関係大臣に北方領土問題の早期解決を訴えるとともに、同世代の少年少女との交流を通じて北方領土問題に関する理解と認識を深めてもらう「北方少年交流事業」を1971年(昭和46年)から毎年実施しています。

<表敬先>
内閣総理大臣、外務大臣、文部科学大臣、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)
安倍内閣総理大臣を表敬

安倍内閣総理大臣を表敬

関東甲信越青少年交流会

関東甲信越青少年交流会

2.青少年・教育指導者現地研修会

北方領土返還要求運動の核となっている元島民の高齢化が進む状況の中、次代を担う青少年にこの問題を正しく理解、認識してもらうことが重要なため、全国の中学生を対象とした事業と学校教育現場において生徒を教育指導している社会科担当教諭等の方々に北方領土問題の情報を提供し、授業の参考としていただくための事業を「青少年・教育指導者研修会」として、毎年、北方領土返還要求運動の原点の地・根室市で開催しています。

<プログラム内容>
北方領土現地視察(納沙布岬から)、元島民の講話(当時の島の様子や望郷への想い)
北方領土模擬授業、北方領土壁新聞づくり(青少年)、授業構成案づくり(教育指導者)
北方領土壁新聞づくり

北方領土壁新聞づくり

授業構成案づくり

授業構成案づくり

3.北方領土ゼミナール

北方領土返還要求運動を「世代を超えた国民運動」として確固たるものにするため、若い世代の北方領土問題に対する関心を高め、幅広くより深い啓発を行う必要があることから、全国の大学生等を対象とした「北方領土ゼミナール」を毎年、根室市で開催しています。

<プログラム内容>
北方領土現地視察(納沙布岬から)、日露関係専門家による北方領土の講義
元島民の講話(当時の島の様子や望郷への想い)、グループワークと発表
北方領土の講義

北方領土の講義

グループワーク

グループワーク

4.北方領土に関するスピーチコンテスト

次代を担う若い世代が北方領土問題を身近な問題として捉え、この問題に関心をもち、北方領土に関する歴史等を正しく理解することを狙いとし、より一層の北方領土教育の充実と強化を図るため、全国の中学生を対象とした「北方領土に関する全国スピーチコンテスト」を毎年開催しています。

最終選考会でのスピーチ

最終選考会でのスピーチ

記念撮影

記念撮影

  

5.えとぴりか巡回研修事業

北方四島交流等事業使用船舶「えとぴりか」を交流等事業だけでなく、青少年等に対する啓発事業にも有効活用し、北方領土問題や返還要求運動に理解を得るため、全国の港を巡回し、次代を担う青少年を対象とした研修事業を実施しています。

啓発DVD鑑賞

啓発DVD鑑賞

記念撮影

記念撮影

6.北方領土問題学生研究会

北方領土問題に対して意識の高い大学生等による「北方領土問題学生研究会」を設立して、北方領土問題についての議論を深めるとともに、協会が主催する事業への参加を通じて、同世代に対する各種啓発活動を企画、実施することにより、後継者の育成と返還要求運動の活性化を図っています。