ページの先頭です

ここからグローバルメニューです

クリックでグローバルメニューをスキップ、グローバルメニュー終了地点へ移動します。

グローバルメニューが終了しました

ここからローカルメニューです

クリックでローカルメニューをスキップします

学習指導例(時間単位)元島民の立場に基づく国際問題(北方領土問題)の解決策の検討

指導内容

  • 北方四島における戦前の元島民の暮らし
  • 第二次世界大戦後のソ連軍の侵攻と不法占拠の実態、元島民への影響
  • 北方領土問題に関する日本政府の主張

評価基準

  • 関心・意欲・態度
    北方領土問題について、自分の国が抱える問題、自分にとっても身近な問題として関心を持つことができる。
  • 思考・判断・表現
    1つの領土問題、国際問題としての北方領土問題の「解決」の在り方、それに向けた方策を主体的に考えることができる。
  • 技能
  • 知識・理解
    現在もロシアに不法占拠されている北方四島には、戦前、日本人が暮らしていた。しかし、終戦直後のソ連軍の侵攻により、元島民は故郷を追われ、現在も自由に四島に行き来することができない状況があることを理解している。
  • 千島桜満開プロジェクト
  • 北方館ライブカメラ映像
  • 羅臼国後展望塔ライブカメラ映像

エリカちゃん公式アカウントErika on SNS

「エリカちゃん」がいろいろなことをお話するから、応援よろしくピピィ〜

expand_less

Cookie を有効にする

このサイトをご利用されるときは必ず「ご利用にあたって」をご確認ください。このウェブサイトではサイトの利便性の向上のためにクッキーを利用します。本サイトを引き続き閲覧されることで、クッキーの使用を許可したとみなされます。