ページの先頭です

ここからグローバルメニューです

クリックでグローバルメニューをスキップ、グローバルメニュー終了地点へ移動します。

グローバルメニューが終了しました

ここからローカルメニューです

クリックでローカルメニューをスキップします

北方領土問題とは

北方領土問題とは、第二次世界大戦終戦時にソ連軍が我が国の領土である北方四島(歯舞群島はぼまいぐんとう色丹島しこたんとう国後島くなしりとう及び択捉島えとろふとう)に侵攻し、現在にいたるまでロシアが法的根拠なく占拠し続けていることです。

北方領土問題とはのページへ

北方領土の概要

北海道の東に位置する北方四島(歯舞群島、色丹島、国後島及び択捉島)は、現在も法的根拠なくロシアによって占拠され続けています。日本の領土であるこの北方四島が「北方領土」です。

北方領土の概要のページへ
北方四島
ランドサット衛星画像図
画像提供(C)TRIC/NASDA/EOSAT.1992

北方領土の歴史

時空マップ 時空を超えて北方領土を知ろう!

年表の項目を選択し、地図上に表れる ピンアイコン をクリックすると、詳細が表示されます。

江戸幕府の北方探検に始まり、ロシアとの条約交渉、そしてソ連の侵攻と法的根拠のない占拠にいたる北方領土の歴史を見ると、北方四島が日本の領土であることは明確です。そして戦後元島民の願いから始まった返還要求運動の歩みは、日本国民の悲願として大きく広がっています。

元島民が語る北方領土 歴史の記憶と証言

かつて北方四島に住んでいた17,291人の島民は、ソ連軍の侵攻によって島を追われていきました。苦難の歴史は、島民の記憶のなかに生き続け、その多くの証言によって、私たちは真実の歴史を知ることができます。

歴史の証言のページへ
動画 ダイジェスト版元島民の体験談 のサムネイル画像(クリックでモダルウィンドウが開きます)

ダイジェスト版元島民の体験談(モダルウィンドウが開きます)

北方四島の元島民の方々のインタビューのダイジェスト版です

インタビュー内容
  • 島の思い出
  • ソ連の占領
  • 脱出
  • 占領下での生活
  • 引き揚げ
  • 島への想い
動画 山本 忠平氏の体験談 のサムネイル画像(クリックでモダルウィンドウが開きます)

山本 忠平 氏(モダルウィンドウが開きます) 択捉島 蘂取村

昭和10年生まれ(終戦時10歳)

インタビュー内容
  • 引き揚げ
動画 三上 洋一氏の体験談 のサムネイル画像(イメージ画像 クリックでモダルウィンドウが開きます)

三上 洋一 氏(モダルウィンドウが開きます) 択捉島 留別村

昭和12年生まれ(終戦時8歳)

インタビュー内容
  • ソ連の占領の様子
  • 引き揚げ
動画 山本 忠平氏の体験談 のサムネイル画像(イメージ画像 クリックでモダルウィンドウが開きます)

山本 昭平 氏(モダルウィンドウが開きます) 択捉島 蘂取村

昭和3年生まれ(終戦時17歳)

インタビュー内容
  • ソ連の占領の様子
  • 昭和22年 引き揚げ
動画ギャラリーへ
  • 千島桜満開プロジェクト
  • 北方館ライブカメラ映像
  • 羅臼国後展望塔ライブカメラ映像
  • 令和2年度北方領土に関する全国スピーチコンテスト

エリカちゃん公式アカウントErika on SNS

「エリカちゃん」がいろいろなことをお話するから、応援よろしくピピィ〜

expand_less

Cookie を有効にする

このサイトをご利用されるときは必ず「ご利用にあたって」をご確認ください。このウェブサイトではサイトの利便性の向上のためにクッキーを利用します。本サイトを引き続き閲覧されることで、クッキーの使用を許可したとみなされます。