ページの先頭です

ここからグローバルメニューです

クリックでグローバルメニューをスキップ、グローバルメニュー終了地点へ移動します。

グローバルメニューが終了しました

ここからローカルメニューです

クリックでローカルメニューをスキップします

教員のみなさんへ

これからのわが国を担う子どもたちへ、北方領土問題を正しく分かりやすく伝えるための教材集です。小・中学校、高等学校の授業などにご活用ください。
*これらの教材は、内閣府、文部科学省の協力を得て作成されたものです。

映画「ジョバンニの島」の紹介

北方領土問題対策協会では、都道府県民会議や教育者会議が実施する事業において、「ジョバンニの島」のDVDを使用する際の使用料を負担しております。

北方領土学習教材集のご利用にあたって

北方領土学習教材集の作成目的と位置づけ

作成目的

中学校の学習指導要領及び、小学校、中学校、高等学校の学習指導要領解説においては、北方領土が我が国固有の領土であることや、その位置、範囲、名称などについて取り扱うように明示されています。しかしながら、学校で使用されている教科書における北方領土に係る記述は極めて限られており、また、学校教育の現場においても、北方領土学習に十分な時間が割かれているとは言い難い状況にあります。
本サイトで提供する学習教材集は、こうした現状を踏まえ、北方領土学習の充実を図るため、先生方にご活用いただくことを目的に作成、提供しています。

位置づけ

本サイトで提供する学習教材は、北方領土を授業で扱う場合の指導の流れや、その内容の事例を示しています。先生方お一人おひとりが、これらの事例を参考として活用していただき、ご自身の創意工夫により指導内容を組み立て、より豊かな授業を行ってください。
なお、この学習教材集は、内閣府、文部科学省の協力のもと、現役の先生方の参画を得て作成したものです。

北方領土学習教材集の特長と使い方

これまであった同様の資料と異なり、この学習教材集は以下のような特長を有しています。

個別の学習内容・項目ごとの授業の流れの例や教材を提供

北方領土学習のさまざまな側面を授業の一部の時間を使って指導する場合の授業の流れの例や、学習資料、ワークシートを個別の項目ごとに提供しています。北方領土学習に割くことのできる時間や扱いたい内容などに応じて、これらを選んで、または組み合わせて活用することができます。

分野ごとに時間単位の授業の流れの例や教材を提供

学習指導例は、地理、歴史、公民の各分野の時間単位の授業の流れの例とその解説、及びこれらにそった学習資料、ワークシートを提供しており、北方領土を授業で扱った経験があまりない方も、すぐに実際の授業に活用できます。

学習資料等の作成に活用できる素材集を提供

さらに、学習資料等の作成に活用可能な年表や地図、写真など、多岐にわたる資料を素材集として提供しています。先生方が独自に学習資料やワークシートなどの教材を作成する場合には、ご自身の授業のねらいや内容に応じて、素材集の中から適切な資料を選び、独自の教材作成に活用することができます。

すべて加工可能な資料として提供

本サイトで提供する各種資料は、すべて加工可能な形(WORDまたは一太郎)で提供しており、いずれも先生方がご自身の考えにそって、適宜、手を加えた上で活用することができます。

北方領土学習教材集の構成

この学習教材集は、以下の二種類の学習指導事例集を提供しています。

(1)分野から探す個別の学習内容・項目

①指導内容

個別の学習内容・項目ごとに、授業の流れの例とその学習資料、ワークシートの活用の考え方や解答例などを示しています。

②学習資料

指導内容に記した流れの例にそった生徒への配付用の学習資料の例を示しています。

③ワークシート

指導内容に記した流れの例にそった生徒への配付用のワークシートの例を示しています。

(2)学習指導例(時間単位)

①指導内容

地理、歴史、公民の各分野において、北方領土学習の 50 分の授業の流れの例とその解説、学習資料及びワークシートとの対応関係などを示しています。また、その内容に応じた、評価規準ごとの目標とする学習成果の例も併せて示しています。
なお、先述の(1)のうち、対応する個別の学習内容・項目の指導内容を併せて参照し、その解説や学習資料、ワークシートも活用してください。

②学習資料

指導内容に記した流れの例にそった生徒への配付用の学習資料の例を示しています

③ワークシート

指導内容に記した流れの例にそった生徒への配付用のワークシートの例を示しています。

(3)研修会での優秀作品

各年度に行われた研修会での優秀な作品を紹介しています。

学習指導例(時間単位)の事例1、事例2の位置づけと活用方法

この学習指導例は、地理、歴史、公民の各分野に事例1、事例2の指導内容を提供しています。
これらの位置づけは以下のとおりです。

①事例1:知識・理解を中心とした指導内容

 北方領土に係る基本的な知識を、確実に習得することに重点を置いた指導内容及びそれに応じた学習資料、ワークシートを提供しています。

②事例2:思考・判断・表現を中心とした指導内容

 北方領土の現状や問題点について、自分なりの考えをまとめ、表現することに重点を置いた指導内容、及びそれに応じた学習資料、ワークシートを提供しています。
こうした学習を効果的に行うためには、北方領土に係る基本的な知識を身につけていることが必要であり、事例1を実施したのちに次のステップとして取り組むことが有効です。
※なお、この指導内容では、評価規準のうち「技能」に関する学習成果の目標を位置づけていません。北方領土を題材とした授業においても、「技能」の学習成果の目標を想定することは可能と考えられますが、ここでは北方領土に係る基礎的な知識の確実な習得と、北方領土問題に関する意見形成とその表現を重視して指導内容を作成しています。

北方領土学習教材集を活用する上での留意点

  1. 1)この学習教材集は、あくまで学校での授業で利用していただくために作成、提供しています。
  2. 2)授業以外にも、学校における非営利の活動(先生方の研修など)にも利用していただけますが、その場合は必ず資料の出典を明記してください。出典は、本サイトの名称とともに、利用される個別資料の原典も必ず明記してください。
  3. 3)上記の1)2)以外の目的に使用したいとお考えの場合は、必ず事前に独立行政法人北方領土問題対策協会にご連絡いただき、当協会の了解を取ってください。
  • 千島桜満開プロジェクト
  • 北方館ライブカメラ映像
  • 羅臼国後展望塔ライブカメラ映像

エリカちゃん公式アカウントErika on SNS

「エリカちゃん」がいろいろなことをお話するから、応援よろしくピピィ〜

expand_less

Cookie を有効にする

このサイトをご利用されるときは必ず「ご利用にあたって」をご確認ください。このウェブサイトではサイトの利便性の向上のためにクッキーを利用します。本サイトを引き続き閲覧されることで、クッキーの使用を許可したとみなされます。